VERY CARD

格安でデザイン豊富なVERY CARDで祝電を

総合評価 使いやすさ 掲載情報量 サポート 価格
★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★

VERY CARDは株式会社ヒューモニーが総務省から特定信書便事業許可という国の認可を得て行っている電報サービスです。インターネットと独自の配達ネットワークを使用しているため、業界屈指の格安であり即日配達を実現している特徴があります。一部地域、一部商品以外は14時までの申し込みで全国即日配達可能で配達の迅速さも魅力です。

安いだけでなく、電報の種類は1000種類以上に及び、人気漫画のデザインやキャラクター、かわいい人形やぬいぐるみ、お花など迷ってしまうほど豊富なデザイン満載です。ホームページには口コミも掲載されており、受け取る方の表情を想像して選ぶだけで心温まる思いになります。また、祝電のVERY CARDを受け取った方が懸賞電報に応募でき商品券をゲットできるサービスもあり、受け取る方には嬉しさあふれる特典があります。

無料の会員サービスには個人向けと法人向けに分かれており、法人にはさらに割引率の高い値段となっています。また、月末まとめて請求するシステムや個人会員にはなない銀行振り込みや引き落とし決済もあります。受け取り手が国内であれば海外からの申し込み可能で海外出張中でも利用でき、法人向けには非常に人気があります。


口コミ

VERY CARDの特徴

男性・32歳

おめでたい席に参列できないときなど、特別なシーンでお祝いの気持ちを伝えたいときに役立つものが電報です。近年では、電報はメッセージを届けるものというだけではなく、ギフトがメインとなりつつあります。その一つとしてあげられるのが、VERY CARDです。冠婚葬祭時どの場合にも適応したギフトが手軽な価格で用意されており、贈る相手に合わせて商品を選ぶことが可能となっています。勿論高品質で価格よりも良く見えるというのも特徴です。

インターネットから簡単に申し込むことができ、メッセージの料金も一律なのでわかりやすくなっています。一般的に電報といえば二ヶ月から三ヶ月前にしか申し込めないケースが多く、申し込みを忘れてしまいがちですがVERY CARDでは半年前から申込みが可能となっているので、期間に余裕があり申し込み忘れを防ぐこともできます。

商品も豊富にあるので他人と被る心配が少なく、メッセージの文例も豊富なので自分らしい電報にすることができ、受け取り側の心に残ることは間違いありません。総務省が認可しているサービスなので信頼もでき、個人情報などの取り扱いにおいても十分考慮されているので安心できる電報サービスとなっています。

VERY CARDは種類が豊富で価格も安い

男性・50歳

電報は元々は緊急の連絡用に使われていたようです。今は冠婚葬祭などで使われることが多くなっています。個人でも使う場合がありますし、会社などでも使う場合があります。一般的には通信会社が提供するサービスを利用することが多いです。かつてはこの会社を経由しないと利用できませんでした。今は少し様子が変わって、その他の会社などでもサービスを提供しています。

結婚のお祝いをしたいと祝電を送ろうと考えていました。通信会社の提供するもののデザインを見ているときれいなものもありますがありきたりのものが多いように感じましたそこでインターネット上から利用できるVERY CARDから行うことにしました。こちらの良いところはデザインが豊富なところです。通信会社で用意されているものと似ているものもあれば独自のものもあります。

多くの業者があるものの価格はどこでも同じくらいになると予想していました。しかし予想に反して価格が安くなっていました。価格は各業者ごとに決めているらしく、通信会社で同じようなデザインで送るよりも2分の1程度の料金で送れることがわかりました。せっかくなのでもう少し高いタイプのデザインで送ることにしました。立派な電報が送られてきてびっくりしていたようです。